その生活習慣がNG?肌のターンオーバーを促進するために!

肌のターンオーバーを促進する方法

美肌作りのために大切なのが、肌のターンオーバーです。

 

健康で美しい肌を保つためには、肌のターンオーバーを正常に保つことが欠かせません。

 

しかし、忙しいライフスタイルを送る女性の中には、生活習慣によって、お肌のターンオーバーが乱れている人が多いのです。

 

お肌のターンオーバーってどういうこと?

 

肌のターンオーバーとは、肌細胞が肌の奥で生まれて肌の表面で垢となり、剥がれ落ちるまでのことをいいます。

 

肌のターンオーバーの周期は人それぞれですが、理想的な周期は28日と言われています。

 

この期間に正常に肌細胞が作られ、自然と垢となって剥がれ落ちてくれれば肌はどんどん綺麗になります。

 

逆に肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌機能が乱れ、トラブルを起こしやすい肌になってしまうのです。

 

ターンオーバーが正常に行われるかどうかは、実は、日頃の生活習慣が大きく関わっています。

 

お肌のターンオーバーを乱す原因になる、NG生活習慣を確認しておきましょう。

 

 

ストレス

 

ストレスが美肌の大敵であるということは、聞いたことがあるかと思います。

 

ストレスを感じると、美肌のために必要なビタミンCが消費されますので、当然肌のターンオーバーにとっても良くないんです。

 

今現在、ストレスを感じている方、感じやすい体質の方は、意識的にストレスを解消するように努めたいですね。

 

 

睡眠不足

 

たくさん寝てすっきりした時に鏡を見ると、心なしか肌が綺麗になっているという経験はありませんか?

 

お肌のターンオーバーが行われるのは、夜眠っている間です。

 

つまり、日頃から睡眠不足の方は、肌が荒れやすくなるんです。

 

睡眠不足がよくないといっても、ただ、たくさん寝ればいいというのではありません。

 

正常なターンオーバーを促すためには、睡眠の「質」が重要になってきます。

 

寝る前の飲食や、眠くないのに無理に寝ようとすると、体にストレスがかかり睡眠の質が下がってしまいます。

 

ですから、飲食は寝る前の3時間前までに済ませ、自然と眠りにつけるようにしましょう。

 

 

喫煙

 

タバコは百害あって一利なし、と言われているように、お肌にとっても大敵です。

 

タバコを吸うと大量のビタミンCが破壊されます。

 

また、血行も悪くなりますので新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

 

 

角質ケアのやりすぎ

 

お店などの化粧品コーナーに行くと、いろいろなピーリング商品が売られています。

 

ですが、このような商品を使い肌をピーリングしてしまうと、肌のターンオーバーを早めてしまい、未熟な肌が作られることになります。

 

ピーリングすると肌がつるつるした感じになるので気持ち的にすっきりするのですが、使用する頻度があまりにも頻繁にならないようにしましょう。

 

このように、肌のターンオーバーの邪魔になる要素は日頃の生活習慣の中にたくさん隠れています。

 

この中に、自分の生活習慣であてはまる部分がある人は、そこから改善してみましょう。