日焼け止めの重要性

実際はそんなに強くない日焼け止め

これからの季節、外出の際には〜いや、自宅待機の際でも確実に陽射しが入って来るところに居る時は、必ずと言っていい程日焼け止めを塗らないと日焼けしてしまうのです。

 

真冬になった時に〜色白美肌で雪のように白い!とか言われてみたい〜!と思っている人は尚更、毎日毎日日焼け止めを塗るのは洗顔するのとな時位重要だと言う事を認識して欲しいですね〜。

 

で、ここで疑問が発生する訳です。

 

よく日焼け止めの売り文言を見てみると、皮脂や汗に強い!とかプールや海の水にも耐えられる!とか〜色々書いてある訳です。

 

この時に注意してみて欲しいのが、石鹸で落とせる!洗顔だけで落とせる系の軽いタイプなのか、クレンジングオイルが無いとなかなか落ちない系なのかを見ておくことが重要になって来るのです。

 

皮脂や汗に強い〜と書いてあるタイプは、その名の通り多少の脂っぽさには耐えられるし、ちょっとした汗でも落ちないよ!と言うタイプになります。

 

このタイプは大抵石鹸で洗ったら落ちるので、特にそれ専用のクレンジングオイルなどを買う必要はありません。

 

ただ、海やプールの水にも強い!ウォータープルーフと書いてあるタイプはですね、確実に落とすにはクレンジングオイルが必要です。

 

帰宅後に必ずしっかり落とす事で、お肌のトラブル〜吹き出物や湿疹などが出にくい状態になりますので、十分気を付けて欲しい日焼け止めなのです。

 

で、皮脂や汗に強い!と記載されている方を使っている人で、良く汗をかいて顔をタオルで拭いている〜と言う人は、タオルで何回か顔を拭いたら日焼け止めが全て落ちてしまうそうなので、出来れば3回位拭いたらもう〜塗り直した方がイイそうです。

 

塗り直して〜はまた塗り、流れて拭いては〜また塗っていると日焼け止めの使う量が凄いことになりそうなので、普段から汗だくになりやすい!と言う人は予めウォータープルーフの日焼け止めを塗っていたの方が断然気が楽〜&塗り直す手間無しなので安心です。

 

皮脂や汗に強い!と銘打っている日焼け止めは多いですが、どれも特に何も記載が無い、ただの日焼け止めと同様に特に皮脂や汗に強かった印象が無い〜と言うのが印象でしたね。

 

ただこれは、私の使ってみた見解なので、参考になるかどうかは分かりませんが、とりあえず汗かきで汗だくになりやすい人は、ウォータープルーフタイプ日焼け止めを使う様にして行ってください。

 

因みに身体〜腕や脚は汗だくにならない!と言う人は、今まで通りの日焼け止めで充分だと思うので、その様にして行った方がお財布にも優しいと思いますよ。

皮脂や汗に強い!日焼け止めは〜汗に強い!と銘打ってるけど記事一覧

お出かけの時、日焼け止めをどこまで塗りますか?

実は昨年、ドえらい失敗をしました!と言うのも、昨年はよく自転車に乗って出かけていたんですよ。で足元の装いは、素足にサンダル履いて下半身はユニクロのリラコと言うヤツを穿いていたのです。あれってサラっとユルっと楽でイイですよね〜。かなりヘビロテだったきがします。と言うか下半身の装いの話では無くて、日焼け...

≫続きを読む